ドラマ

嵐の大野 24時間テレビスペシャルドラマに初主演


Sponsored Link

大人気ジャニーズのグループ・嵐の大野智が、8月24日から放送される日本テレビ系「24時間テレビ36 愛は地球を救う」のドラマスペシャルで初主演を務めることが17日に明らかになりました。

大野が24時間スペシャルドラマで主演を務めるのは今回が初とのことで、ファンにとってはとても嬉しいニュースなのではないでしょうか。

大野が演じるのは、29歳で突然ガンに侵され、のちに余命3か月を宣告されるという難役に挑むそうです。

毎年恒例のスペシャルドラマはいつも涙腺を刺激して涙を決壊させます。

悪性リンパ腫という血液のガンの発覚から、辛い闘病生活、再発、そして余命宣言、そして死んでいくまでの約2年間の人生を通じて、若くして理不尽な運命にさらされながらも、死を見つめながらちゃんと死んでいこうと決意する青年の耕太の姿を描いていくというものだそうです。

Sponsored Link

大野は「“ちゃんと生きて、ちゃんと死ぬ”という難しいテーマに、真摯に向き合っていきたいと思います」と意気込みを語っていました。

「また、僕も耕太とじっくり向き合って、耕太の“強い意思”をしっかり演じ切りたいと思います」と役柄としっかり向き合う心の様子が伝わりました。

24時間テレビドラマにおいて、2008年の松本潤主演「みゅうの足(あんよ)パパにあげる」、そして2012年の二宮和也主演の「車イスで僕は空を飛ぶ」に続き、嵐の中で3人目の主演を果たす大野。

原作は、幸和也氏の「大空への旅立ち がんと闘いながらも夢見ていた未来」(文芸社)です。

Sponsored Link

-ドラマ

Copyright© とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.