女性芸能人 映画

L・DK実写映画のヒロインは?


Sponsored Link

渡辺あゆによる「別冊フレンド」(講談社)で大人気連載中の漫画「L・DK」(真ん中はハートマーク)を原作にした実写映画が7月18日にクランクインしました。

この映画でヒロイン・西森 葵役を演じた剛力彩芽と、学校一のモテ男・久我山 柊聖を演じる山崎賢人の撮影現場写真が公開されました。遊園地を背景に楽しそうに風船を持ちながらのスマイル2ショットはまるで本当のカップルの様でした。

剛力彩芽がどこかいつもと違うなと感じたのは、葵役の髪型に理由がありました。

ショートカットがトレードマークの剛力ですが、今作では原作に近いロングヘアー姿で葵役に挑戦したとの事です。

剛力彩芽と言えばさっぱりしたキュートなショートヘアが目印なので初めは違和感が拭えませんでしたがこれはこれで大変可愛いなと感じました。

Sponsored Link

既に成人を迎えているもののいつまでも女子高生のままではないかと思うくらい若々しいオーラが放たれています。

髪型について剛力は「監督と話し合いながら変えました。この今の髪の長さは、幼稚園以来です」と笑いながらコメントしていました。

一方柊聖を演じる山崎は、「原作の人気キャラクターでもある柊聖のツンデレな感じを出せるように頑張りたいです」と意気込んでいました。

クランクアップは8月下旬を予定しているとの事です。

「L・DK」は「ラブ同居」の意味です。

感じ取りにくいですが、原作にはハートが入ります。モテ男でツンデレな柊聖と同居することになった女子高生の葵の生活が描かれる物語です。

映画は2014年にロードショーとの事です。監督は川村泰祐が、脚本は松田裕子が担当するそうです。

しかしやっぱり剛力彩芽のゴリ押しは半端ないのでは・・・

Sponsored Link

-女性芸能人, 映画

Copyright© とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.