ゲーム

ドラクエタクトとロマサガRSをマクロではなくオートクリッカーで自動化する方法


Sponsored Link

スマホゲーム相変わらずやっています。

スマホゲームは周回がつきものですが、私がプレイしている中でもキツイ周回が要求されるゲームがロマサガRSとドラクエタクトです。

キツイ周回といってもオペレーション上はどちらも戦闘終了するたびに再戦というボタン一回クリックすれば、周回してくれます。

簡単なのですが、1戦1戦終わったタイミングでボタンをワンクリックするという動作が何百回も周回するとなると地味に疲れてきますよね。

戦闘も終わっているのかどうか、チラチラスマホを見ることになり、他の作業をやりながらとしても気が散ります。

そこで自動化できないか調べてみました。

オートクリッカーを利用する

いい方法がありました。

Andorid端末だとオートクリッカーというアプリを利用すれば周回の自動化が可能となります。

オートクリッカーとは画面の決めた場所を何度もクリックし続けてくれるというアプリです。

ロマサガRSもドラクエタクトも再戦ボタンをクリックし続ければオート周回が可能となります。

スタミナが切れた際は手動でスタミナ補充が必要ですが、ロマサガRSはスタミナ材でかなりのスタミナをチャージできるのと、ドラクエタクトのバトルロード周回であればスタミナはかからないので、スタミナ問題は特にありません。

オートクリッカー使い方

まず、ストアからオートクリッカーをダウンロードしましょう。

以下のアイコンです。

使い方は簡単です。

インストールすると以下画面が表示されるのでオーバレイ権限の「承諾」ボタンと、アクセシビリティ・サービスの「開始」ボタンを押しましょう。

まずオーバーレイ権限の「承諾」ボタンを押すと以下の画面が表示されますので他のアプリに重ねて表示をオンにしてください。

次に元の画面に戻って、アクセシビリティ・サービスの「開始」ボタンを押して以下画面が表示されたら、また「開始」ボタンを押してください。

「開始」ボタンを押すと以下の画面になるので、一番下にあるオートクリッカーをONにしましょう。

すると以下の画面になるので、ここもオートクリッカーの横のボタンを押してONにしてください。

次に以下のオートクリッカーの使用に関する確認画面が表示されるのでこちらもONにしましょう。

ここまでくれば準備は完了です。以下の画面が表示され、マニュアルを表示するか確認されますので、マニュアルを確認すれば難なく設定できるでしょう。

マニュアルを読まなくてもある程度直感的に操作できるはずです。

もし操作上でわからないところがあればコメント頂ければと思います。

オートクリッカーの使い心地は?

さて実際オートクリッカーを使ってみてどうだったかをお伝えしたいと思います。

まず、ロマサガRSですが、1週間くらいで戦闘力が62000⇒68000くらいになりました。

四六時中オートクリッカーを回してたわけではなく、スマホを使わない時間に回してたくらいです。

途中で何回かスタミナの補充はしましたが、1戦1戦、再戦をクリックするよりは格段に効率的に戦闘力を上げれるようになりました。

ドラクエタクトはちょうど、ドラクエ2イベントがやっていて、ハーゴンの神殿ハードクリアで破壊の剣が入手できるのですが、手持ちのモンスターでは、全く歯が立たなかったですが、バトルロードでドラゴンバケージなど適正モンスターを育成したおかげで、ハードをクリアをすることができました!

かなり苦労しましたがオートクリッカーなしではクリアはできなかったでしょう。

今後もイベントでイベント限定ドロップモンスターのバトルロードが期間限定で来ると思いますが、オートクリッカーを使用してサクッと育成をしたいと思っています。

とりあえず、今優先する育成モンスターは桜虎丸ですね!

バトルロード周回でレベルマにしたいと思っています!

オートクリッカーでBANされないのか?

自動化ツールを利用していて怖いのがアカウントのBANですが、オートクリッカーを使用したことによるBANは私が調べた限りなさそうです。

ただ、厳密に言えば規約違反になると思うので、万一のBANが怖い方は自己責任で使用してもらえばと思います。

私の方でもBANされた場合はまたお伝えしたいと思います。

iphoneで自動化はどうする?

iPhoneで自動化する場合は標準の機能で「スイッチコントロール」通称スイコンという機能があるようで、そちらで自動化できるようです。

元々スイコンは障害がある方の入力補助的な機能なので、オートクリッカーのような外部ツールではない分、アカウントBANの危険性も低いかもしれません。

自動化にツールの利用が嫌な方は

アカウントBANが怖くてスマホゲームを自動化するのにオートクリッカーや、スイッチコントロールなどツールや機能を利用するのが嫌な方は物理的にクリックを連打してくれるというツールもあるようです。

スマッチというらしいです。

ただ、これも運営側が本気で調べたら人間ではありえない間隔と時間でクリックしているため、BANの危険性がないわけではないと思いますが、スマホ内のツールを使うよりはBANの可能性は限りなく低いと思います。

何にせよ自動化するのは自己責任ですが、オートクリッカー利用で周回がかなり効率的になったので、私は大満足です。

Sponsored Link

-ゲーム

Copyright © とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常 , All Rights Reserved.