とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常

ブログの趣旨を芸能ネタ中心から私の日常や興味のあることに変えました!

Amazonゴールドカードの年会費を下げるには?私がゴールドカードを選択した理由とは?

   


Sponsored Link

本日はお得なクレジットカードについてです。

楽天ブラックカードにイオンゴールドカード、その他何枚かゴールドクラス以上のクレジットカードを保有している私がとうとうAmazonゴールドカードを保有しました。

その理由と使い勝手について綴ろうと思います。

ポイント還元率が高い

Amazonのクレジットカードは正確には下記の2パターンが存在しています。

Amazon MasterCardクラシック
Amazon MasterCardゴールド

今回私が作成したのはAmazon MasterCardゴールドの方ですが、通常のカードであるAmazon MasterCardクラシックとの違いとして第一に挙げられるのがポイントの還元率です。

Amazonプライムの会員であればAmazonクラシックは1.5%(プライム会員は2%)Amazonゴールドは2.5%となっています。

Amazonプライムサービスが自動付帯

このポイント還元率だけみると、そこまでたいしたことないと思いがちですが、AmazonゴールドカードはAmazonプライムサービスが自動付帯するのです。

Amazonプライムは月会費3,900円で加入するサービス。

内容は商品が注文したその日、または翌日に送料無料で届くだけでなく、AmazonプライムビデオやAmazonプライムミュージックのオンデマンド視聴、Amazonプライムフォトでの容量無制限の写真保存サービスなど多岐に渡るサービス内容です。

これらのサービスがAmazonゴールドカードを持つだけで月会費なく加入できます。

これはかなりデカい!!

私はもともとAmazonプライムサービスに入っていたので、Amazonゴールドカードを持たない選択肢はありませんでした。

しかも既にAmazonプライムに加入している会員がゴールドカードを持つと月割りでAmazonプライムサービスの月会費を返金してくれるという神仕様!!

さすがAmazon!!

痒いところに手が届きます!

Amazonゴールドカードの年会費は?

ただしこのAmazonゴールドカードはもちろん無料ではありません。

年会費が10,800円程発生します。

しかしこれでもAmazonプライムサービスの3,900円が付くので実質6,900円でゴールドカードを持つことが出来ます。

ゴールドカードのサービスとしては空港ラウンジが利用可能となったり、ショッピング保険や、三井住友ゴールドカードと同等の旅行保険が付帯したりと一般的なものとなっています。

この内容のゴールドカードが6,900円で持てるだけでもお得ですが、裏ワザを使うことによって、この年会費を更に下げることができます。

Amazonゴールドカードの年会費を安くする方法

Amazon MasterCardゴールドの年会費を安くする方法ですが、下記2点を登録するだけです。

Sponsored Link

・WEB明細書発行サービスに登録
・マイ・ペイすリボを登録

まずはWEB明細書発行サービスに登録ですが、Amazonゴールドカードを申し込むと、登録したメールアドレスに三井住友カードから『インターネットサービス「Vpass」ご登録方法についてのご案内』というメールが届きます。

このVpassというものに登録するのと同時にWEB明細書発行サービスを申し込むことが出来ます。

これで年会費が-1,080円されます。

そして同じくVpass上からマイ・ペイすリボを登録すると年会費が半額分が割引となり-5,400円されます。

すると実質年会費の6,900円から割引金額を引いてみると・・・

6,900円-1,080円-5,400円=420円!!

なんと実質420円でAmazonゴールドカードを持ててしまうのです。

ここでひとつ注意点ですが、年会費が半額となるマイ・ペイすリボは所謂リボ払いで設定した上限を超えるとリボ払いとなり高い手数料を取られるというサービスです。

初回でマイ・ペイすリボを申し込んだだけでは上限額がおそらく3万円となっているはずなので、すぐにこの枠を増額する登録が必要となります。

この登録もVpass会員サイト上から申し込めます。

私はカードの上限額であった150万円と設定しました。

つまり、150万を超えた場合はリボ払いとなる設定ですが、そもそもカードの上限額が150万なので物理的にそれ以上の決済が出来ないため、リボ払いとなることはないという設定です。

リボ払いになってしまうのが不安な方は私のようにカードの上限額と同じ額をマイ・ペイすリボのリボ払い額とすればよいでしょう。

さて、このAmazon MasterCardゴールドですが、実質年会費420円で尚且つポイントも2.5%還元されるため年間で16,800円以上Amazonで購入するならば年会費は実質タダでそれ以降はポイントが溜まっていく一方という恐るべきカードです。

ここまできたら作成しない理由はないですよね!

Amazonゴールドカードの審査は厳しい?

Amazon MasterCardゴールドはAmazonのカードといっても実質三井住友カードのゴールドのようなものなので審査はわりかし厳しめのようです。

しかし、外資系コンサルタントというサラリーマンとしては上位属性の私。

多くのゴールドカード以上のクレジットカードを保有していますが、なんなく審査は通りました。

一般的には30代以上で年収500万あれば問題なく審査は通るようです。

Amazonゴールドカードの使い勝手は?

Amazonの支払いをAmazon MasterCardゴールドに集約させてから明らかにAmazonポイントが溜まるようになりました。

ポイント還元率が2.5%なので当たり前と言えば当たり前ですが、知らず知らずにポイントが増えているのは気分がいいです。

外出先では違うカードをメインとして利用しているためAmazonゴールドカードは家に置きっぱですが、ゴールドのカードフェイスなので外で利用しても恥ずかしいということはないでしょう。

そういう意味でもとても使い勝手が良くお得なカードだと思います。

Amazonをよく使うユーザーであれば必携のカードですね。

Amazon MasterCardゴールド

しかし、ますますAmazon依存してしまう自分が怖い・・・

突然に年会費を上げられたり、プライムサービス無料付帯が無くなったりしたとしても、現状の便利さに慣れてしまってAmazonの言い値で契約を継続するしかないですよね・・・

まさに囲い込み戦略・・・

Sponsored Link

 - デイライフ, 注目の品

  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事