とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常

ブログの趣旨を芸能ネタ中心から私の日常や興味のあることに変えました!

R100 松本人志監督の最新映画の評判は?

   


Sponsored Link

お笑いコンビのダウンタウンの松本人志が監督を務める映画10月5日公開の「R100」の予告編が公開されました。

出演する大地真央、寺島しのぶ、冨永愛、佐藤江梨子、渡辺直美の女優ボンデージ姿が24日、明らかになりました。

黒く光るボンデージに名だたるキャストの脚線美が魅力的な写真が掲載されていましたが物凄く迫力があります。

「父はM。」というコピーが書かれたポスターに続いて、新たに公開された予告編と約衣装の写真が公開されたことによって、これまでベールに包まれていた同作の全容が徐々に明らかになってきました。

5月13日に行われた製作報告会見にて大地真央に「私の人生の中で一番の露出度」、寺島しのぶに「露出度が高いので衣装合わせの時恥ずかしかった」といわしめたこの漆黒の衣装は、寺島が言った言葉通り見ていて艶やかかつ背景のレッドが相成って物凄く艶かしいオーラが全開だなと思いました。

Sponsored Link

そして何よりその挑発的な視線がとても輝いています。

予告編は主人公の男・大森南朋が、絶対に開いてはいけない扉を開けて、“謎のクラブ”に入会してしまうシーンから始まります。

扉を開けるとゆっくりとベートーヴェン作曲の「エリーゼのために」が流れ始めます。

そして大森が見つめる先には暗がりの中でメリーゴーラウンドが回り、馬にまたがった支配人と思われる松尾スズキがクラブの内容を説明します。

そこを取り囲むようにそびえる壁にはボンデージ姿の美女たちが、大森がその光景に目を奪われるとBGMは消え、その背後に波紋が広がります。

最後に支配人の松尾が「ただし、途中退出はできません」と言い残します。予告編だけだというのにどこを切っても意味深なシーンが満載です。

Sponsored Link

 - 映画

  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事