とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常

ブログの趣旨を芸能ネタ中心から私の日常や興味のあることに変えました!

湊かなえ氏原作「白ゆき姫殺人事件」映画化?

      2013/11/07


Sponsored Link

女優・井上真央と俳優・綾野剛の共演で人気作家・湊かなえ現世区の「白ゆき姫殺人事件」が映画化されることが明らかになりました。

「望郷」が平成25年度上半期の第149回内木賞の初選出された(選考会は今月17日)湊氏ですが、同作の作品の映像化も相次ぎました。

映画化作品は、デビュー作の2010年、中島哲也監督による「告白」、「往復書簡」所収の「二十年後の宿題」を原案とした2012年、阪本順治監督による「北のカナリヤ」立ちに続き今回の映像作品が3作目となります。

昨夏に刊行された長編「白ゆき姫殺人事件」は、集英社「小説すばる」での掲載と並行してWEBで関連資料がアップされる新たな試みも話題となり、出版前から映画のオファーが殺到するとい他のだそうです。

Sponsored Link

資料公開だけで早くも映像化したくなるほどのサスペンスとはどのようなものなのか気になります。

同作は不可解な殺人事件を巡り疑惑の目を向けられた一人の女と、テレビワイドショー取材により暴走する“噂”が巻き起こす秀作サスペンスです。

メガホンをとるのは2008年公開「あひると鴨のコインロッカー」、2010年公開「ゴールデンスランバー」そして今年注目の映画「奇跡のリンゴ」を手がけた中村義洋監督です。

映画ならではの表現を加え、重層的なサスペンスに仕上げるとの事です。

湊氏は「白ゆき姫が黒焦げ死体に。犯人はあの人かも…美人OLの死を巡る物語です。」と恐怖と謎に満ちたあらすじを語り「嘘が嘘を呼びとんでもない結果に、怖いけど面白い、そんな物語を是非お楽しみください」と映画化を歓迎していました。

Sponsored Link

 - 映画

  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事