映画

堤真一「音痴なのに、歌わされた」。「俺はまだ本気出してないだけ」初日舞台あいさつ


Sponsored Link

堤真一が主演を務める映画「俺はまだ本気出してないだけ」の初日舞台あいさつが、6月15日に新宿ピカデリーで開催されました。
舞台挨拶には主演の堤真一をはじめ橋本愛、生瀬勝久、山田孝之、濱田岳、水野美紀、石橋蓮司、そしてメガホンをとった福田雄一監督が登壇しました。

原作は青野春秋のデビュー作にして「このマンガがすごい!2009」にランキングされた話題のコミック「俺はまだ本気出してないだけ」です。

堤真一は主人公の42歳でバツイチの子持ちの漫画家を夢見る中年男・大黒シズオ役を演じました。

シズオという人物はお調子者の自信家で、ファーストフードの店員をやりながらやはり貧乏で、高校生の娘にまで借金をするという絵に描いたような正真正銘のダメダメ男です。

今回メガホンを取ったのは、「コドモ警察」シリーズや現在公開中の「HK 変態仮面」を手がけた福田雄一監督です。

Sponsored Link

主演の堤は「まさかこの企画が通るとは思わず、こうやって初日を迎えることが出来ました」と笑顔であいさつしていました。

実は堤真一は、シズオ役で弾けた演技を見せるだけにとどまらず、なんと「俺の時代」という歌で歌手デビューまで果たしたそうです。

その曲は、iTuneにて期間限定で有料配信されるとの事です。

「デビューじゃない」と不機嫌そうにくらいついていたそうなのですが、どうやら本人が語るにとても音痴なのだそうです。

「人前でカラオケは歌わないタイプなのに歌わされた」と恨み節そうで、その弁に福田監督は大いに頷きながら「こんな下手な歌を配信したのは初めてだと思う」とツッコみを入れられ会場は大爆笑となったそうです。

どれほど音痴なのか、その晒し同然の歌を聴いてみたいです。

Sponsored Link

-映画

Copyright© とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.