男性有名人

声優の内海賢二さんががん性腹膜炎のため死去


Sponsored Link

声優界の訃報のニュースが入りました。
アニメ「Dr.スランプ アラレちゃん」の則巻千兵衛や「北斗の拳」のラオウのなどの声を演じた声優の内海賢二さんが13日、がん性腹膜炎のため東京都都内の病院で亡くなったことが明らかになりました。

ツイッターのハッシュタグで内海さんの名前が上がってきたときには新しい関連のイベントなのかと思ったのですがまさかの訃報に悲しみがこみあげて止まりませんでした。

「魔法使いサリー」のサリーのパパや「北斗の拳」のラオウなど、低温を生かした存在感ある役柄を数多く演じました。

渋く、それでいてとても力強い声にはアニメのキャラクターだけでなく洋画の吹替えや、テレビのナレーションにと様々な分野で聞き惚れていました。

Sponsored Link

幅広い世代が一度ならず内海さんの声を聞いたことがあると思います。

声優という職業はその声に存在感があってもなかなか名前を認知されません。

名前を聞いても「誰?」となることが多いのですが、その声を聞くと必ず「この人か」と分かると思います。

内海さんの声は子供の頃から馴染がありました。「きかんしゃトーマス」のゴードン、「ポパイ」の宿敵である大男のブルート、「タンタンの大冒険」では親友のハドック船長の声を担当し、洋画の吹替えではアメリカの名俳優スティーブ・マックイーンやジャック・ニコルソンを務めていました。

最近は団塊スタイルでのナレーションを務めるなど活躍されていたのですが、悲しみが拭えません。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

Sponsored Link

-男性有名人

Copyright© とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.