とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常

ブログの趣旨を芸能ネタ中心から私の日常や興味のあることに変えました!

トニー・レオンの新作映画「グランド・マスター」内容は?

   


Sponsored Link

トニー・レオンの新作映画「グランド・マスター」はどのような内容の映画なのでしょうか。

キネマ旬報 2008年 1/15号 [雑誌]


映画にあわせて香港のアクションスターが久しぶりに登場です。

香港の歌手であり俳優のトニー・レオン(梁朝偉)が、待望の新作「グランド・マスター」を引っ提げて、今回が7度目のタッグとなったウォン・カーウァイ監督と共に来日することが決まったそうです。

トニーレオンの来日は三国志の赤壁の戦いを舞台にした映画「レッドクリフPartⅡ-未来への最終決戦-」以来約4年ぶりとなるそうです。

ちなみに2人そろっての来日は「花様年華」以来13年ぶりとなるそうです。

トニーレオンはレッドクリフにて、天才軍師の孔明のライバルである呉の若き天才軍師で「美周郎」の異名を持つ周瑜を演じました。

Sponsored Link

端整な顔だったためにその名前が付けられた周瑜に合う見事な香港のイケメンアクションを展開したトニーレオンが印象に残っております。

今回の映画「グランド・マスター」は永遠のアクション・スターであるブルース・リーのただ一人の師匠であるイップ・マンの生きざまを壮絶なアクションと想像を超えた映像美で描いた作品です。

ウォン・カーウァイ監督が構想に17年という歳月をかけている大変試行錯誤を繰り返したであろう作品です。

キャストもトニーをはじめチャン・ツィイー、チャン・ツェンが4年間に及ぶトレーニングを行い、劇中で本格的な武術を披露していることでも話題を呼んでいるそうです。

47歳で初めて武術を習ったトニーはなんと2度の骨折に見舞われながらもトレーニングを重ね、見事にイップ・マンを体現しているそうです。

来日に際し「『グランド・マスター』は日本で間もなく公開されます。日本でお会いできるのを楽しみにしています」と日本のファンへ向けてメッセージを送ったとの事です。

5月31日よりTOHOシネマズ日劇ほかにて全国公開されます。

Sponsored Link

 - 映画 ,

  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事