とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常

ブログの趣旨を芸能ネタ中心から私の日常や興味のあることに変えました!

マン・オブ・スティール あらすじは?

   


Sponsored Link

新スーパーマン役を務めたヘンリー・カビルやザック・スナイダー監督らが映画「マン・オブ・スティール」PRのために8月に来日することが決定しました。

今回スーパーマンを演じるのは何とイケメンのブリティッシュ紳士という事で少なからず衝撃を感じました。

何故かというとスーパーマンことクラーク・ケントの国籍はアメリカだからです。

アメリカのスーパーヒーローを演じる英国イケメン俳優に期待が高まります。厳密にはアメリカにとってもスーパーマンは「エイリアン(異邦人)」なのですが。

同作は、スーパーマンの誕生から生い立ち、そして本来の力を自ら封印した主人公が全人類の存亡をかけた絶対の危機に立ち向かい、「スーパーマン」と呼ばれるようになるまでを描いた作品です。

Sponsored Link

同じくDCコミックの代表作品を原作とした映画「ダークナイト」(2008年公開)のクリストファー・ノーランが製作を手掛け、映画「ウォッチメン」(2008年公開)、「300(スリーハンドレッド)」(2006年公開)のザック・スナイダー監督がメガホンをとりました。

これまでに全世界43ヵ国で初登場1位を獲得しました。全米では公開3日間で、興行収入1億3000万ドルを超えるオープニング成績を記録し、すでに世界興行収入でも6億3000万ドルを突破するなど、スーパーマンセンセーションが吹き荒れて世界的な盛り上がりを見せています。

8月21日には六本木ヒルズ・アリーナで開催される同作のジャパン・プレミアイベントに、そして22日には都会会場で行われる来日記者会見に出席する予定だそうです。

Sponsored Link

 - 映画

  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事