とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常

ブログの趣旨を芸能ネタ中心から私の日常や興味のあることに変えました!

DQMSLで通常ガチャとふくびきパスどちらが得が検証!ふくびきパスのデメリットとは

   


Sponsored Link

DQMSLのガチャは同じ3000ジェムでも、通常ガチャで一気に10体引くか、ふくびきパスを買って毎日1回で30体引くかユーザーは選択できますね。

一体、どちらがお得となるのか検証してみました。

単純に引けるモンスターだけで考えれば、ふくびきパスです。

ふくびきパスを買えば100ジェムでモンスター1体ひけるわけですから、300ジェムで1体の通常ガチャよりお得なのは確定的に明らかです。

ただ、気になるのはお得な分、確立を絞っているのではないかという疑惑・・・

実際に両方のガチャを引いて比べてみました。

まず3000ジェムで10体引いた時のガチャの結果です。

引いた時期ですが、直近で行われていた好きなモンスター交換券が引けるときのガチャです。

結果は以下でした。

ランクS

・エビルプリースト

ランクB

・りゅうせんし
・ホークブリザード

ランクC

・とらおとこ
・プテラノドン
・グリーンドラゴン
・ギズモ
・くさった死体
・ひとくいそう
・トドマン

実質、これにS確定の交換券がついてくるので、Sスタート2枚引けたと言えます。

一面銀世界(BとCオンリー)といこともあるのでSスタートが1枚でも引けたのであれば運がよかったのかもしれません。
%e3%81%b5%e3%81%8f%e3%81%b3%e3%81%8d%e3%83%91%e3%82%b9%e7%b5%90%e6%9e%9c

続いてふくびきパスの結果です。

こちらは約1ヶ月半くらい前のグレイツェルとマーズフェイス実装直後でピックアップ期間中だった時から引いたふくびきパスとなります。

ランクS

・エビルプリースト
・アクバー

ランクA

・パペットマン

ランクB

・なげきムーン
・かっちゅうアリ

ランクC

・ギズモ×5
・だいあくまの書×4
・くさった死体×3
・キングスライム×3
・ひとくいそう×3
・ガメゴン×2
・ギャオース×2
・グリーンドラゴン×2
・アックスドラゴン
・ひくいどり
・まじゅつし

エビルプリーストがダブりましたね汗

前回交換券で交換したモンスターだったのに・・・

Sponsored Link

まあ、星2にできるからいいとしますか・・・

ということでふくびきパスでもSスタートが2枚引けました。

ランクSまで行くモンスターの数まで含めればふくびきパスのが多いですね。

当時のピックアップ中であった、なげきのムーンも引けています。

どうやら、ふくびきパスはお得だからといって確立操作されているという心配は杞憂に終わりました

通常ガチャとふくびきパスどちらが得か!?

私のように無課金を貫いている方はふくびきパスのが間違いなく得ですね。

ただ、好きなモンスター地図交換券やS2倍などのキャンペーンをやっている時は通常ガチャを引いてもいいかもしれないというところでしょうか。

おそらくキャンペーン時になれば通常ガチャでもSスタートを引く期待値という面ではそこまでの差がでないはずでしょう。

ただ、SSまで進化するAスタートやSまで進化するBスタートのモンスターを引ける確立まで入れるのであれば、確立操作がなさそうな以上、ふくびきパスを購入した方が圧倒的によいでしょう。

ふくびきパスにもデメリットが

通常ガチャよりはメリットがありそうなふくびきパスですが、ふくびきパスにもデメリットはあります。

Cスタートモンスターが長期間連続で続く可能性があることです。

正直この状態でメンタルを保つのはキツイです。

ギズモ、グリーンドラゴン、グリーンドラゴン、ギズモ、ひくいどり、まじゅつし、ガメゴン・・・

といった具合にくそモンスターが連日続くと心が折れそうになります。

私はいつも通勤の朝に運試し的な形でガチャを引いていたのですが、Cスタートが続いた4日目くらいから、毎日イライラして会社に出社していました。

おそらく、その時の仕事のパフォーマンスは最悪なものだったでしょう。

このように毎日ガチャを引いていると日常生活に支障がでる可能性があるので注意しましょう。

ふくびきパスはランクCのモンスターがでて当たり前。

それ以外がでたら超ラッキー!!てな具合にマインドを変えて購入すればよいかと思います。

そしてまた、今回ふくびきパスを購入したので1か月後あたりに結果を報告したいと思います。

Sponsored Link

 - ゲーム, ドラクエモンスターズスーパーライト

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事