とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常

ブログの趣旨を芸能ネタ中心から私の日常や興味のあることに変えました!

ペルソナ5をクリア!評価はつまらない?私に合わなかった2つの理由

      2017/01/07


Sponsored Link

10/2にPS4 Slim毎購入したペルソナ5を昨日ようやくクリアしました。

クリアした記念に私なりにペルソナ5を評価してみようと思います。

10/2から始めて11/9にクリアなので約1ヶ月ですね。

昨日の11/9はトランプ大統領が誕生し、一気に円高が進み、夜に円安に進むという私にとってはクソみたいな1日でした。

爆益だった含み益が一気に含み損です。

昼ごろの政府の口先介入で完全に潮目が変わりました。

インチキばっかりしやがって、このクソが!!という気分です。

と、ペルソナ5の話に戻しますがクリアにかかったは169時間・・・

途中付けっ放しで放置していた時間も含めますが、久しぶりにかなりの時間をゲームに費やしました。

サラリーマンの私には時間を作るのがなかなか辛かったです。

ではネタバレなしでペルソナ5の私なりの感想を記載しようと思います。
%e3%83%9a%e3%83%ab%e3%82%bd%e3%83%8a5%e8%a9%95%e4%be%a1

ペルソナ5も評価高すぎじゃない?

さて、長時間かけてクリアしたということは相当ハマっていたのかというと、そうでもありません。

もちろん下記の記事でも書いてた通り、始めは面白かったですよ。

『PS4 SlimとPS4 Proを悩んでスリムに決めた理由とペルソナ5とペルソナ4Gはどっちが面白いかについて』

でも中盤以降は惰性で続けていた部分が大きいです。

あとは友人も何人かやっていたので、一応クリアまでするかというのがモチベーションでした。

ゲームとしてつまらないわけではないですが、ギミックのあるダンジョンは面倒でしたし、日常パートも毎日似たようなことを繰り返して人間パラメータやコープを上げる作業も苦痛でした。

ストーリーは先が気になるといえば気になりますが、マンガや小説等でもっと面白く練られたストーリーはあります。

戦闘などは小気味のいい演出やSE(音)などで最初は快適でしたが、何回もやっていると飽きますし、雑魚敵にも関わらず、主人公が即死攻撃を喰らってゲームオーバーとなった時は心底腹が立ちました(難易度をSAFETYにすれば解決しますが)。

では面白いところはどこかというと、厳しく言えばありません。

いや正確にいうとつまらないわけではないですが、特別面白いというハマる要素もなかったわけです。

それでも100時間以上も掛けてクリアまではいったわけですから、面白かったのだと思いたいですが、よくよく考えると見当たらないわけです。

結局、周りに誰もやってなかったらクリアまでいってなかったような気がします。

ペルソナ5は2周目に引き継げるものがあるので、2周目をやって裏ボスを倒したり、最強のペルソナをつくったりとする人が多いでしょうが、私は既にお腹いっぱいなので2周目に突入することはないでしょう。

高評価だったPS4Gにはハマらなかったけど、同じように超高評価だったP5はどうかと騙されたと思ってプレイしてみたわけですが、結果、また少し評価に騙されたかなという印象です。

なぜペルソナ5にそれほどハマらなかったのか

スマホゲームのような単純なゲームは長期間に渡ってやっている(途中で飽きがくることもありますが)のでゲームが嫌いなわけではないのですが、最近の据え置きゲームにはいまいちハマりきれません。

その理由を考察してみようと思います。

Sponsored Link

ペルソナ5にはまらなかった理由その1

まず一つ目の要因としてゲームとしてのライフサイクルが関係しています。
通常の据え置きで発売されるソフトは息の長いゲームでも半年も盛り上がっていれば充分でしょう。

だいたいは1ヶ月~3ヶ月。

一方スマホゲームは人気のものになれば1年以上サービスが続くものがほとんどです。

ただ、これはビジネスモデル上仕方がないことで、買い切りの形がほとんどの据え置きゲームは次々新作を作って販売しないと儲からないため、必然的に一つのゲームのライフサイクルを短くせざるを得ません。

スマホゲームは課金がビジネスモデルなので、長く遊んでもらってチビチビ課金してもらう事を目的としているので、スマホゲーと据え置きゲーはそもそもコンセプトが違うのです。

そして私の中で、短期間で終わるゲームに時間を費やすのがもったいないという感情が湧いてしまうのです。

どうせ時間を使うなら長く世間が盛り上がっているものに時間を使いたいと・・・

ペルソナ5にはまらなかった理由その2

もう一つ目の要因は私が大人になった・・・ではなくて、やりたいことが子供の頃より多くなっているということです。
据え置きのゲームをがっつりやっていた子供時代は娯楽がゲームかマンガかテレビくらいでした。

今の私は本も読みたいしネットサーフィンもしたいし、音楽も聴きたいし、FXもやりたいし、もちろんテレビもマンガも雑誌も読みたいし、スマホゲームもしたいと子供の頃に比べて圧倒的にやりたいことが多いです。

そうなると大量に時間を取られる据え置きのゲームの優先度は下がってしまうのです。

スマホゲームであればテレビを見ながらプレイしたり、音楽を聴きながらプレイするようなながらプレイが可能です。

据え置きゲーはそれのみに集中しないと難しいです。

まあ、私はテレビを2台並べてテレビを見ながらやっていましたが、結果どちらもあまり集中できずに印象が薄れてしまうのであまりおすすめはしません。

こう考えるとペルソナ5が面白くないというより、私自身が据え置きのゲームに向いていないということなのでしょう。

というか、ペルソナ5は全く悪くありませんね汗

完全に私の問題でした。

とはいってもゲーム自体は好きなので、やりたいゲームは数多くあります。

今にして思うとペルソナ5をクリアできたのは早くクリアして別のゲームをやりたいというモチベーションも潜んでいたのかと思います。

ペルソナ5をクリアした後にやりたいゲーム

とりあえず今、発売しているゲームでやりたいと思っているのが、バトルフィールド1とタイタンフォール2、ドラゴンボールゼノバース2です。

バトルフィールド1とタイタンフォール2はFPSです。

以前、私はPS3で神ゲーの評価であったCoDをやってみたのですが、全くハマらずFPSは合わないかなと思っていたのですが、BF1やTF2のamazonなどでのレビューを読むと面白そうに感じてしまいます。

相変わらず評価の高いゲームに弱いです。

FPSがeSports認定されているのも大きいかもしれません。

世間がこんなに認めてるんだから、やり込めれば私も面白さがわかるはず・・・という考えが頭のどこかにあります。

実際スマホゲームも始めはゲーム性が皆無だろ?なんて感じでバカにしてましたが、最初のあんまり面白くないなという期間を我慢してやり続けたら、どんどんのめり込んでいきました。

おそらくFPSもやり込めれば楽しくなるのであろうと考えています。

ドラゴンボールゼノバース2に関しては単純にドラゴンボールが好きですし、評価も高いのでやってみたいだけです。

とりあえず、次に新しいゲームを買ったらまた報告したいと思います。

Sponsored Link

 - PS4, ゲーム

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事