とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常

ブログの趣旨を芸能ネタ中心から私の日常や興味のあることに変えました!

映画の記者会見にジェラルド・バトラーが来日

   


Sponsored Link

俳優のジェラルド・バトラーが28日、都内で行われた主演映画「エンド・オブ・ホワイトハウス」の来日記者会見に登場しました。
変わらず激しい役の割にはとても優しそうな雰囲気で素敵な笑顔を見せてくれる俳優です。

今回5度目の来日となったジェラルド・バトラーは「こんにちは!私は日本が大好きです。しゃぶしゃぶも!」と日本語であいさつをし、続けて「全員大好き!」と日本語で語りながら、会場に集まった報道陣を動画や静止画で撮影するなどの大変ハイテンションな様子でした。

冒頭のあいさつが終わり、報道陣からの質疑応答に移るために椅子が用意されると「こういうハイチェアに座らされるのは、海外では老齢の方だけだよ。ギターを手に歌でも歌えばいいのかい?」とツッコミを入れ、そのまま「カントリーロード~」と歌いだしたそうです。

Sponsored Link

どうせなら自身の故郷の歌である「ロンドンデリーの歌」をと変に期待してしまいました。

茶目っ気たっぷりなのがたまらない俳優です。

同作は、ホワイトハウスを占領したアジア人テロリストとシークレット・サービスのジェラルドふんするマイク・バニングの攻防を描いたアクション作品です。

会見では撮影の話になると今までの様子から一転して真面目な表情になり「いつも以上にけがをした撮影だったよ。

特にラストのアクション・シーンが大変だったんだ」と撮影で度々怪我をして満身創痍になってしまったことを話していました。

この撮影でジェラルドは首の骨を2本も折ってしまうという大変な不詳をしてしまったそうです。

ホワイトハウスを死守するという大役と使命は役を通り越して物凄く壮絶な事なのだなと感じました。

Sponsored Link

 - 映画

  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事