とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常

ブログの趣旨を芸能ネタ中心から私の日常や興味のあることに変えました!

樹海のふたり あらすじは?

   


Sponsored Link

映画「樹海のふたり」の初日舞台あいさつが6日、東京・渋谷区のユーロスペースで行われ、キャストでお笑いコンビ・インパルスの板倉俊之、堤下敦。そして女優の遠藤久美子と山口秀矢監督が出席しました。

インパルス板倉はこれが映画初主演という快挙でした。

「樹海のふたり」は富士山の樹海で自殺をしようとする人々を取材したテレビディレクターたちの実体験をもとに描いたヒューマンドラマです。

フリーの落ちこぼれディレクターの板倉演じる竹内哲と堤下演じる阿部弘は、生活のために自殺志願者を追う番組を製作して高視聴率を得ます。

しかし、取材対象者たちの人生と関わるうちに、自分たちの行動に葛藤を抱いていくというストーリーです。

Sponsored Link

自分たちも家族との様々な問題を抱えての極めて繊細な取材を行っていくという大変ディープな物語となっています。

若手として活躍して人気を徐々に獲得していった頃に、インパルスの樹海を舞台にしたコントが存在したのを思い出しました。

この手のネタは笑うに笑えないのですが、今回ばかりは真剣です。

そんな板倉は「やっと主演が出来た。秋元康先生に報告したい」とさすがジョークを飛ばして笑いを誘っていました。

とはいえ、芸人だから主演をやることはないだろうと思っていた板倉はとても不思議な気分だったとの事です。

竹内の妻・純子役を演じる遠藤は、収支ハイテンションなインパルスの掛け合いに「現場でもこんな感じで盛り上げてくれました」と笑顔を見せていました。

映画は全国順次公開です。

Sponsored Link

 - 映画

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事