とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常

ブログの趣旨を芸能ネタ中心から私の日常や興味のあることに変えました!

貫地谷しほり初主演映画「くちづけ」とは?

   


Sponsored Link

貫地谷しほりがついに映画初主演です。どのような内容の映画なのでしょうか。

ケトルVOL.07


貫地谷しほりの初主演となる映画「くちづけ」の初日舞台挨拶が、5月25日に丸の内TOEI2で開催されました。

貫地谷しほり、竹中直人、宅間孝行、そして堤幸彦監督が登壇しました。

劇作品である「くちづけ」は知的障害者のグループホームを舞台に繰り広げられる仲間たちの暖かな交流と、父と娘の愛を描いたヒューマンドラマです。

知的障害者たちのグループホームで平穏に暮らしていたのですが、やがて悲劇が起こります。

舞台史上一番泣けると話題を呼んで小劇場の公演ながら2万4000人もの観客動員を記録しています。

惜しまれながら2012年に解散した劇団・東京セレソンデラックスの同名舞台を堤幸彦監督の手によって映画化したものです。

Sponsored Link

主演の貫地谷しほりが演じたのは、30歳の体に7歳の心を持つ知的障碍者の娘「マコ」です。

そして竹中直人は、彼女をこよなく愛する、かつて「愛情一本」というペンネームの漫画家だった父親「幸助」を演じています。

貫地谷しほりは「今日は『くちづけ』のお誕生日に来てくださってありがとうございます。全員が愛情込めて作った作品です」と力強くアピールしていました。

さらに「初主演作は人生で一度きり。それがこの作品で、嬉し誌義るというか、ありがたすぎるというか。いろんな思いでいっぱいで言葉に出来ません」と大きな喜びを語っていました。

貫地谷は2004年に公開された「スウィングガールズ」、2009年に公開された「ワンダフルデイズ」と出演し、今回の作品で晴れて主演を演じました。

3度目の共演となった竹中直人は「しほちゃんの顔を見るとほっとするんです」と和む様子をコメントしていました。

Sponsored Link

 - 映画 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事