とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常

ブログの趣旨を芸能ネタ中心から私の日常や興味のあることに変えました!

逆立ちのメリットデメリットと1日何回何分やればいい?究極のアンチエイジング方法でした・・・

   


Sponsored Link

 

最近まで水素点滴や血液クレンジングなどお金のかかるアンチエイジング方法を模索していましたが、それらのメリットとデメリット(主にお金ですが)を天秤にかけて検討すると、どれもやってみようという思いには至らないものばかりでした。

詳しくは以下のエントリをご参照ください。

高濃度ビタミンC注射点滴の効果はない?こういう人はやっちゃだめ!
キレーション点滴は自閉症と心臓病には効果なし?値段も高いしどうしようかな・・・
水素水点滴は病気に効果はない?アンチエイジングは?これも高い・・・
血液クレンジングはリスクの危険性しかない?わたしはやりません。

さて、本日はお金がかからずに究極と呼ばれているアンチエイジング方法があったのでご紹介したいと思います。

その方法はずばり倒立!

そう、『逆立ち』のことです。

逆立ちの効果は!?

逆立ちと侮るなかれ!

逆立ちはヨーガのポーズにも取り入れられるほど昔から効果のあった健康法です。
%e9%80%86%e7%ab%8b%e3%81%a1%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%83%87%e3%83%a1
逆立ちの効果は下記のものが挙げられます。

頭がクリアに

逆立ちをして血液が脳の隅々まで届くことにより脳の血行がよくなり頭がすっきりとクリアになります。

コリやむくみ、おなかの膨らみの解消

逆立ちをすることで全身の血行がよくなり、リンパから老廃物や汚れた血液が流れ、下半身などのむくみを改善します。

血行がよくなるこということは老廃物が流れるということなので、コリにも効果があります

また、普段垂れ下がっている内臓を逆立ちをして元の位置にもどすことにより、ポッコリと膨らんだおなかが改善し、刺激により腸が活発に動き腸内フローラが整えられます

アンチエイジングとあらゆる病気の予防

逆立ちで身体の末端まで全身に血液が巡るようになるため、肌の代謝を促し、アンチエイジングやあらゆる病気の予防となります。

当然顔のたるみも逆に引っ張られるわけですから効果がでます。

Sponsored Link

頭皮にも血液がいくので育毛にも効果があります。

体幹と筋肉の強化でダイエット

逆立ちすることで物理的に二の腕などの筋肉を使用してバランスをとるため、普段鍛えられない体幹の強化と腕の筋肉が鍛えられダイエット効果があります。

・・・・・

すごい・・・

逆立ちすごすぎる!!

要するに逆立ちすることで全身に血が巡っていいことだらけ!

逆に言えば血の巡りが悪いことによっておこる病気(脳梗塞やハゲ等)全ての予防になるってことですね!

血の巡りが良くなるおまけに、バランス感覚や筋肉も鍛えられちゃうよ!ってことですか!

理屈はよくわかりました!!

これは確かに体に良さそうと納得できますね。

逆立ちはどれくらいすればいいの?

では、1日にどれくらい逆立ちをすれば効果がでてくるのかきになりますよね!

ええ!調べましたよ!!

1日1分を3回が目安です!

逆立ちに慣れるまでの初めの頃は1回20秒くらいから始めてもよいかと。

回数についてもいきなり3回できなくとも、毎日続けることが大事です。

風呂上りや朝起きた時、夜寝る前など逆立ちをするタイミングを日々の生活の中で習慣づけましょう。

逆立ちのデメリットは?

逆立ちが健康に良いということは十分にわかりました。

しかし、どんないいものでも表があれば裏もあるもの。

天邪鬼の私はどうしてもデメリットや危険性が気になってしまいます。

逆立ちのデメリットはもちろんありました・・・

高血圧の人は注意が必要です。

ただでさえ高い血圧の人が逆立ちをすることで、脳に巡る血液量が上がり、さらに血圧があがって、脳の血管が破裂する危険性があります。

動脈硬化やくも膜下出血などの恐れがある人もやめておきましょう。

逆立ちの時間に関しても5分以上は危険です。

人間は頭に血が上りすぎると失神します。

1分の逆立ちで十分効果が得られるそうなので、長時間の逆立ちキープは止めましょう。

しかし!!!

これらのデメリットは低血圧で脳や血液の病気もいまのところ見つかっていない私にはデメリットとはなりませぬ。

しかもタダでできる!

こりゃ、やらない手はありません。

とりあえず、私は眠気を覚ますために朝と、身体を疲れさせ、ゆっくり寝るために夜と逆立ちを習慣にしようと思います。

Sponsored Link

 - 美容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事