とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常

ブログの趣旨を芸能ネタ中心から私の日常や興味のあることに変えました!

ラルフローレンのファミリーセールに駐車場はあった!?招待状はどうやって届く!?

      2018/03/09


Sponsored Link

9/17にラルフローレンのファミリーセールに行ってきました。

ファミリーセールとはそのブランドで働いている人やその家族、またお得意様などが招待されるセールです。

昔にドルガバやディースクの取り扱いを三崎商事がやっていたころ、先輩の紹介でファミリーセールに参加することが出来て、ドルガバ、ディースクを安く買ったことができたということはありましたが、ラルフローレンのファミリーセールは初めてです。

特に欲しいものもなかったのですが、どんなものか一度は行ってみようということで行ってきました。

ファミリーセールの招待状はどうやって届く?

通常、ファミリーセールの招待状(インビテーション)はそのブランドに勤務していたりしない場合は、昔の私のように、既に招待されている人の同伴で入場し、帰りに顧客登録することで、翌年も自分に招待状が届くようになります。
%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%95%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%9f%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%83%ab%e6%8b%9b%e5%be%85%e7%8a%b6

または、そのブランドでいつも大量に購入をして、顧客登録をすればインビテーションが送られてくることがあるそうです。

私の元に送付されてきた今回のラルフローレンのインビテーションはそのどちらでもありませんでした。

いきなり、送られてきて『なんかそんな大きな買い物ラルフでしたっけな!?』って感じでした。

不審に思った私は調べてみると、、、

どうやら外資系のブランドのファミリーセールのインビテーションはブラックカードを保有することで届くこともあるそう。

名簿が出回るってことですね。

でも自分が得をする分にはどんどん名簿は流出して結構!笑

ということで、おそらく楽天ブラックカードを作成したからラルフの招待状が届いたのでしょう。

楽天のブラックカードを作成した際の話は下記をどうぞ。

楽天ブラックカードのインビテーションが届いた!条件は?コンシェルジュが付いた!?

 

ラルフのファミリーセールはどこでやっている?

ラルフのファミリーセールは池袋でやっていたこともあるそうですが、私の招待状には平和島の流通センターで開催と記載がありました。

ちょっと遠いから車で行こうかどうしようか、なんて考えていると招待状の下の方に流通センターは構内工事中で駐車場が使えないので公共の交通機関できてくれとのこと・・・

『まじかー・・・でもなにか買ったら帰りの荷物多そうだし、流通センター傍にあるどこかのコインパーキングにでも停めるかー』ということで車で出発

平和島の流通センター周辺は倉庫街らしくなかなかコインパーキングも見つからなかったですが、なんとか1台空いているコインパーキングに駐車することができました。

そこから歩くこと約10分・・・

流通センターについてみると一般の人らしき乗用車が何台か入っていきます。

まさか!?と思い警備員のおじさんに『今日ラルフのセールで来たんですけど、駐車場ってあるんですか!?』と私。

おじさんからは『ありますよ~』との回答が・・・

10分も歩いてきたのに・・・招待状にダマされた!!

全然駐車場あるじゃん!

ということでみなさん!平和島開催のファミリーセールの招待状に駐車場はありませんと記載があっても駐車場はあるので騙されませんように!

ラルフのファミリーセールはどんなものが売っている?

10分以上歩いてようやく着いたと思ったら、めちゃくちゃ並んでいます。

ファミリーセールは10:00から開場で、11:00くらいに行ったのですが、かなりの人数がとぐろを巻いて並んでいます。

だいたい、40分くらい並んで中に入ることが出来ました。

雨降ってなくてよかった・・・

中に入っても人はかなりいます。

入場制限を設けているため、歩けないほどではないですが、試着用ブースや所々に配置してある鏡に人が集まるなど快適とは呼べない買い物状況です。

開場は1Fと2Fで分けられており、1Fにメンズ、ウィメンズ、2Fがキッズとタオルやハンカチ、食器、靴などの商品が陳列されています。

また、2Fには小さいキッズルームも設けられていました。

ちなみに保育士さんはいないので、子供を預ける事は出来ません。

早速私は1Fの一番奥にあるRRL(ダブルアールエル)へ。

RRLもあるなんてなかなかいいね!!と思いつつ商品の値段を見ていると10万円のジャケットが4万6千円などだいたいどれも60%から70%引き!!

なにも買うつもりがなかった私でもテンションがあがります。

Sponsored Link

そして、とりあえず気になったものを袋にゴン詰めし、鏡の前で一人ファッションショー。

鏡を一人で占有しても気まずいので、空気を読みながら服を試着していました。

結論からいうと、3着プラスハンカチなどの小物を購入して15万程の出費となってしまいました・・・

ファミリーセールの招待状なんかなければ出なかった出費なのに・・・

欲しいものなどなかったはずなのに・・・
%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%83%95%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%9f%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%bb%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%ae%e7%b5%90%e6%9e%9c

こういう私みたいな人は多いのでしょうね!

中途半端にお金があるので、何か得するお知らせがあると必要がなくても飛びついてしまう・・・

まんまとマーケティング戦略に嵌っています。

一応支払いは楽天ブラックで済ませ、レシートの金額を見てなんともいえない気持ちになりながら、車を止めてあるコインパーキングまで歩いて帰りました。

実際、ラルフのファミリーセールに行ってみてなにも買うつもりがなくても買っちゃったあたり、結構いいものが揃っているのだと思います。

特に私はあまり興味がなかったですが、キッズ服や食器、タオル類など普段あまりお金をかけなさそうなところで、ちょっといいものが欲しい人にはよいファミリーセールではないでしょうか。

対象は主婦ですかね。

案の定そのような商品が陳列してある2Fは子供連れの小さな女性で激混みでした。

ファミリー層や主婦にはおすすめのセールだと思います。

ファミリーセールに資金稼ぎや衣類整理に

ファミリーセールに行って困るのが、安いからといって大量に購入してしまう事です。

上記でも記載していますが実際に私も定価の6割引きという価格に釣られて、特に必要ではなかったのですがRRL(ダブルアールエル)のショールカラーカーディガンを買ってしまいました。

しかも同じようなカーディガンを2着も・・・

購入した際は1着分の値段で2着買えた!!と興奮気味だったのですが、実際にどちらも1回も着ていませんでした・・・

そりゃそうですよね。

元々必要がなかったものですから・・・

このように値段に釣られて衝動買いしてしまう方は多いのではないでしょうか?

そんな時に私はブランド古着買取に即査定を出します!

色々なブランド品買取業者を回って査定してもらった経験のある私ですが、経験上、一番高値で買い取りしてくれる率が高かったのが下記のブランディアです。

ブランディア宅配買取


もちろんブランド衣料だけでなく、時計や宝飾品(ジュエリー)、着物なども買取してくれるので、これらのもので不用品がある方は一度査定してもらっても良いのではないでしょうか。

ブランディアはテレビCMもやっているので有名ですよね。

ブランディアのいいところが家にいながらでも査定出来る事です。

しかも商品の発送と、仮に売却しない場合の商品の返却の送料は全てブランディア持ち!!

神か!!!

つまり、家にいながらにして完全無料で査定してもらう事が出来ます。

これならば気軽に査定してもらう事ができます。

査定額に満足いかなかったら返却してもらえばいいだけですからね。

もちろんキャンセル料も梱包キット代もすべてタダ!

私はだいたいそのまま売却してしまいますが(笑)

売却した場合の振り込み手数料がブランディア持ちなのも嬉しいです。

まさかの儲けになることも

ちなみにセールなどで購入したブランド品はたまに購入した時より、高値で売れる事もあります。

実は私も購入額より買取額のが高くて儲かってしまった事もあります。

所謂ブランド品せどりというやつですね。(せどりとは購入額と売却額の差額で儲けるテクニックの事)

別に私はせどりをする気なんかこれっぽっちも無かったのですが、たまたま使わないものをブランディアに買取に出したら購入額より高く売れたのです。

今度、気が向いたら高値で売れたものを紹介した記事を書きたいと思います。

さて、今回のファミセの戦利品はいくらの値がつくのか!?

Sponsored Link

 - ファッション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事