とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常

ブログの趣旨を芸能ネタ中心から私の日常や興味のあることに変えました!

楽天ブラックカードのインビテーションが届いた!条件は?コンシェルジュが付いた!?

      2016/12/31


Sponsored Link

Amazonプライム会員なので、プライム会員辞めてAmazonゴールドカードでもつくろうか(Amazonゴールドカードを持っていればプライム会員のサービスが付帯する)と思っていたところ楽天のブラックカードのインビテーションが届きました。

楽天のゴールドカードは知っていますが、ブラックカードなんてあったのか!と、どんなカードなのか調べてみました。

本当はプラチナ?

楽天ブラックカードはカード自体は黒く、ブラックカードと言っていますが、実際のカードにはPLATINUMと書いてあり、実際のサービス内容は他社のプラチナカード相当のものです。

つまり楽天カードは通常カード⇒プレミアムカード(実質ゴールド)⇒ブラックカード(実質プラチナ)

このようなラインナップとなっているようです。
楽天ブラックカード

楽天ブラックカードは激レア?

ネットで楽天ブラックカードの情報を調べると審査基準はまったくの不明らしく、一説によると年間500万使ってもInvitationが来ない人には来ないとか・・・

なんでも、カード名義人の属性すなわち社会的地位をみてるなんて話もあります。

・・・

なんでそんなカードが私に・・・

と思って更に調べると、昔は確かに楽天ブラックの保有者は少なくドヤれるカードだったみたいですが、最近はInvitationを乱発しているようです。

ちなみに私は楽天のノーマルカードを使っていたらいきなりブラックのInvitationが来ました。

楽天プレミアムカード(ゴールド)からでないとステップアップできないなんてことはないみたいです。

楽天カードを持っていない方は通常の楽天カードを作っておいた方が年会費もかからないのでお得でしょう。

□■□■[-年会費永年無料 楽天カード-]■□■□

楽天ブラックカードの招待の条件は?

楽天カードは作って1年半くらいで、だいたい毎月10万~20万くらい楽天カードで支払っています。

たまに、50万くらいの高額な決済があるくらいでしょうか。

ただし、楽天市場での買い物はほとんどないです。

こんな使い方でブラックカードのInvitationが到着しました。

弱小利用者と思われる私でもInvitationが来たということは、おそらく楽天はブラックカードホルダーを量産しようとしているのでしょう。

楽天ブラックカードのサービス内容は

ネットの古い記事の情報だと、楽天のブラックカードにはコンシェルジュサービスがついてないからダメだ、なんて意見が散見されますが、実は最近コンシェルジュサービスが追加されたようです。

これで名実共に他のプラチナカード(ブラックではないですが・・)とサービス内容は並んだのではないでしょうか。

Sponsored Link

この他のサービスとしては空港のラウンジなどが使用できるプライオリティパスなどの付帯が有名ですね。

ただ、プライオリティパスについては楽天プレミアムカード(ゴールド)にもついているので、ブラックカードの優位性はありません。

プライオリティパスがいきなり欲しい人は楽天のプレミアムカードを申し込んでおきましょう。
□■□■[-楽天プレミアムカード-]■□■□

年会費10,800円の楽天プレミアムカードでプライオリティパスが付いてくるのはかなりお得です。

プライオリティパス単体の年会費は399USドルかかるので、日本円で約42,000円です。

なぜか楽天プレミアムカードの方が年会費が安いという逆転現象が起きています。

楽天ブラックカードと楽天プレミアムカードの違いは?

では楽天ブラックとプレミアムの違いはどこにあるのかみていきましょう。

まず年会費ですが、ブラックが32,400円に対し、プレミアムは10,800円。

ただブラックカードの場合、家族会員は2名まで無料ですが、プレミアムは家族会員が5,400円かかります。

また、海外、国内旅行時の保険などの保障は最大1億円とプレミアムカードの2倍まで保証されます。

あとは楽天市場、楽天トラベル、楽天booksなど全ての楽天サービスでポイントがアップするところなどもあります。

これに加えて先ほどのコンシェルジュサービスや記念日に高級レストランで1名分無料になるなどが挙げれます。

また楽天カードに付帯されるプライオリティパスのサービスにも違いがあり、楽天プレミアムカードだと本人のみしか空港のラウンジを利用することができず、同伴者は3,000円程の利用料金が発生しますが、楽天ブラックカードに付いているプライオリティパスでは同伴者1名まで無料となります。

これらがついて32,400円を高いと思うか安いと思うかは人それぞれでしょう。

ちなみに良く海外に行く私の友人夫婦は、楽天のブラックカードを持っていなくて、ラウンジ利用に毎回同伴料金を払うのが嫌で、夫婦で楽天プレミアムカードを持ってそれぞれでプライオリティパスを発行している夫婦がいます。

楽天プレミアムカード2枚持っていても21,600円の年会費なので、ブラックカードの年会費より安いのでプライオリティパスだけの利用であればプレミアムカード2枚持ちも賢い選択かもしれません。

楽天ブラックカードの年会費は楽天グループで買い物を多くしたり、旅行にたくさんいったり、コンシェルジュサービスを良く活用したりする人は安いでしょうし、逆にこれらのことはほとんどしないという人には高いでしょう。

私はどちらかというと後者です。

ただ、Invitationでは初年度無料というのでとりあえずカードを発行してみてあまり意味ないようでしたら年会費を払う前に通常カードに戻し、使わなくなった楽天ブラックカードは財布の中のアクセサリとして忍ばせておこうかと思っています。

Sponsored Link

 - 注目の品

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事