とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常

ブログの趣旨を芸能ネタ中心から私の日常や興味のあることに変えました!

東京カジノプロジェクトのダイヤの使い道と攻略方法について

   


Sponsored Link

さて、黒猫プロジェクト、白猫プロジェクトでおなじみのコロプラから新しくリリースされた東京カジノプロジェクト。

スマホゲームばかりしている私はチェックせざる得ないということで、早速インストールしてみました。

どんなゲームなの?

なにを題材にしているゲームかというと、読んで字の如く、主題はカジノを題材としていて、それに街づくりが加わったゲームとなっています。

流れとしては街を発展させて、コロプラはこのゲームを筆頭に残り2つのゲームのリリースを控えています。

黒猫、白猫のヒットだけでは終わらないぞ!という会社としての意気込みがすごいですね。

2020年までにカジノを誘致をほぼ決定した日本の盛り上がりにあやかろうと、ゲームでカジノを仕掛けてくるあたりが、みえみえな感じです。(名前を東京カジノプロジェクトと、東京とつけた意図はわかりませんが・・・)

まあ、魂胆がみえみえだろうと、なんだろうと面白ければユーザはいいわけで、実際やってみました。

ちなみに私はパチンコやスロットなど日本のギャンブルは一切やらず、海外に行ったときだけ少しカジノをやる程度の低ギャンブラー属性です。

あと、このゲームは最近のスマホゲームでもはや必須となるリセマラは必要ありません。

ガチャっていう機能がないですからね。

やるとしたら、最初に配布されるチップで高倍率のゲームに勝って始めるくらいでしょうか。

でもチップもリゾートで生産されるコインで交換できるし、コインがなくなってもそんなに悲観する必要がありません。

なので、リセマラするくらいならゲームを進めましょう。

実際に面白い?

ギャンブルパートの出来はなかなかいいです。

特にルーレットは本番さながらヒリつきますね。

掛けているのが現金でなくてよかった思いを何回もしています。

ブラックジャックはダブルとかスプリットは出来ないようです。

オセロは自動マッチングで対人出来るようでなかなかこれも熱くなります。

ただ、このオセロは盤面がコンパクトで(しかもハート型などいろいろな盤面がある)勝負は早くつくようになっています。

ここは賛否両論あるとこですかね。

スロット・・・てめーはだめだ!

だめっていうのも全然でないからですが。。。

速攻でチップが溶けます・・・

攻略方法は?

攻略方法というか、このゲームってゴールはなんなんでしょうか。

Sponsored Link

まあ、リゾートを発展させるといのが目的でしょうが、誰かと競っているわけでもないので完全に自己満足の世界です。(ゲーム全般そうですが・・・)

リゾートを発展させるためにはカジノでチップを貯めて、リゾートに建てる建築物などを交換する必要があるので、チップを貯めるのを攻略と定義します。

御託はいいからさっさと攻略方法教えろ!

チップはルーレットで貯めるのがいいでしょう。

私がよくやるのはマーチンゲール法と呼ばれるものでいわゆる倍プッシュです。

負けたら、掛けた額の2倍づつ掛けて、買ったら最初の掛ける額に戻すという手法ですね。

例でいうと最初に50掛けて買ったらまた50掛ける。

負けたら100掛けて、また負けたら200掛けて、買ったら、50に戻して掛ける・・・

これを繰り返す手法です。

実際のカジノではチップを掛ける上限が決まっているため、この手法は限度がありますが、このゲームでは掛けチップの上限がなさそうなので、理論上負けることはありません。

ただ、チップが尽きた場合はコインでチップを買うことになるのですが、その際のチップ交換上限があるので注意が必要です。

このチップ交換上限を増やすのが課金アイテムであるダイヤとなります。

・・・

うまく出来てますね・・・

他にこのダイヤの使い道としては時間を進ませてカネーと呼ばれるコインの生成を早めたり、リゾートを建築するためのクレーンを増やしたりできます。

ただ、このダイヤの使い道の優先度は以下でしょうかね。
①チップの交換上限を増やす>>>>②クレーン増設>>>>>大きな壁>>>>>③カネー生産

チップさえあれば、あとは時間を掛ければ解決する問題なので。

現在の状況

ちなみに私の現在の状況はこんな感じになっています。

リゾート状況

リゾート状況

カジノ収支

カジノ収支

これを見れば見るほど、実際にお金を掛けてカジノをやらなくてよかったと思います。

ある意味、カジノ自制ゲームですね。

Sponsored Link

 - ゲーム, 東京カジノプロジェクト

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事