とある外資系コンサルティングファームで働く男の日常

ブログの趣旨を芸能ネタ中心から私の日常や興味のあることに変えました!

まどかマギカ[新編]叛逆の物語ネタバレと感想について 続編は?

   


Sponsored Link

ついに観賞してきました!まどかマギカ[新編]叛逆の物語。本エントリはそのあらすじの触りの部分(ネタバレ)と感想を記したいと思います。

まどかマギカという名前自体は知っていました。ブルーレイがすごい売り上げだとか、魔法少女とか言うくせに、主人公が最終回まで魔法を使わないとか、いろいろ耳には入ってきていましたが見る機会がなかなかありませんでした。

そして、なんとか時間を捻出し、前篇と後編の映画を鑑賞。。。

・・・面白い

いまさらながらにどっぷりとハマってしまいました。。。

そして急遽、新作映画である叛逆の物語を観てきました。

新作映画の感想をあらすじと共に述べたいと思います。

魔法少女まどかマギカはファンシーなタイトルと若干の萌え絵っぽい絵柄で、2次元好きな人、もしくは小さな子供向けのアニメかと思いきやその実、大人が見ても楽しめるダークなファンタジーアニメです。

ここから若干のネタバレをするのでまだ、原作や映画を見ていない人は読まないでください。

新作映画は前回の映画の続きとして描かれています。魔女がいなくなり、魔獣が存在する世界のはずなのですが、魔法少女たちはナイトメアと呼ばれるものと戦っています。

なぜ魔女や魔獣が存在せずにナイトメアと戦っているかは本篇の最大の謎となっている為、ここでは伏せます。

前作では、終わった世界だったはずなのですが、復活した魔法少女たちの活躍、そして全てを知っているほむらが魔法少女たちとどう関わっていくのか・・・ここらへんが見どころかと思います。

個人的には、テレビや前作の映画で『マミる』という言葉とともに、衝撃の最期を遂げたマミさんが大活躍していたのがうれしかったです!

Sponsored Link

本当はあんなに強かったのですね!

マミさんとまどかの合体技『ティロ・デュエット』もよかったです。

新作映画の放映時間は以外と長く、ここで終わりかなーと思うシーン(ほむらを円環の理となったまどかが連れて行こうとするシーン)からさらに展開があり、次回作も作ることができそうな終わり方でした。

実際にパンフレットを読んでみると、脚本家であるニトロプラスの虚淵玄さんもこのシーンで終わらせようとしたが、監督の新房さんや岩上さんから、なかなかOKが出ずに、皆で考え直した結果、物語を続けたと言っています。

ちなみに映画を見に行った方はエンドロールが流れても席を立たないでください。

その後にも少し物語があります。

今回の映画に限らず、まどかマギカという作品を考察すると、萌え絵や、かわいらしいタイトルと裏腹に、重い展開やテーマでギャップを狙っているところや、ループの設定など、わりと使い古された手法で攻めてきていますが、最近のアニメでここまで狙いがハマった作品はなかったのではないでしょうか。

私は単純な人間の為、製作者の意図にまんまとはまってしまいました。

魔法少女たちに感情移入できれば、涙なしでは見られない作品です。

また、細かい設定もなかなか練られていて何回か観賞してみて、発見することも多くあります。

ここらへんはエヴァっぽいですね。

なんにせよ、マドマギは萌えとストーリーがいい具合にミスマッチして面白くなった稀有な例じゃないでしょうか。

このような作品は子供から大人まで楽しめるはずです。

本当に、日本のアニメーションはレベルが高いなと実感しました。

まどかマギカのスピンオフ作品として、いろいろな魔法少女の漫画もでているみたいですね!

ひとつひとつ読んでいきたいと思います。

Sponsored Link

 - アニメ・漫画, 映画

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

  関連記事